:2016/08/07(日) 06:18:33.77 ID:
    3日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、第二子を妊娠中の小倉優子(32)の夫・菊池勲(45)の不倫が発覚した。
    皮肉にも、不倫相手は小倉と同じ事務所に所属していた後輩・馬越幸子(25)だったが、本件を受けて契約は解除。
    同誌が発売される前日には、事務所HPのプロフィール、公式ブログ、公式Twitterが削除されていた。

    そんな馬越について、意外な人物がコメントを発表した。以前『ゴッドタン』(テレビ東京)にて共演経験のある劇団ひとり(39)だ。
    劇団は自身のTwitterにて以下2言をつぶやいた。

    「馬越幸子ってなにか聞き覚えがあると思ったら、ゴッドタンに出てたあの幸子だった。そうか、あの幸子か。うん。なるほど。わかる。」

    「また後藤さんの時みたいに『キライキライ』って自分に言い聞かせようとしたけど、やっぱりダメだったんだな。
    幸子は自分に嘘をつけないから。それとは全く関係ないけど、今日は矢口さんと仕事だ。」

    「後藤さんの時みたいに」とは、2011年7月13日に自身がMCを務める同番組にて放送された「第3回マジ嫌い1/5(ゲスト:フットボールアワー・後藤)」での出来事。
    この企画は、ゲストの芸人がスタジオに集まった5人の女性の中から、自分のことを本当に嫌いな“マジギライ女”を探し当てるというもの。
    しかし、その日の馬越は劇団の言う通り「自分に嘘をつけない」女だった。

    まず、【後藤の嫌いなところ】を発表した時。馬越は後藤を睨みつけながら「女の噂が立ちすぎている」「合コンばっか行っている。昨日も行ったでしょ? 聞いたんですけど」
    と威勢を張ったものの、後藤に「行ってないよ、誰に聞いたのそれ。事実を言いなさい」と言われると、あっさり「……すみません」とカマをかけたことを認めた。

    さらに【後藤の好きなところ】を発表した際には、「ギターが弾けるとこ」と返答。
    当時、後藤がギターを弾けることは、まだあまり知られていなかったことから、後藤に「結構俺のパーソナル知ってるよね?」と笑いながら聞かれると、「嫌いだけど見ちゃった」とのこと。
    MCのおぎやはぎ・矢作が「え、ギター弾ける人は好きなの?」と聞くと、「好き」と即答。後藤に「俺ギター弾けるよ?」と言われると、またしても「好き」と即答。

    http://dailynewsonline.jp/article/1175909/
    2016.08.07 03:00 messy / メッシー

    http://image.dailynewsonline.jp/media/7/2/72fe2c62df74f682f723d66aba5e903dce7c263f_w=666_h=329_t=r_hs=1fb8a5d7ae7adf5563f407aebc905188.jpeg
    【【芸能】「自分に嘘をつけない」「男によって変わる」小倉優子の夫と不倫した“幸子”のキャラクター】の続きを読む

    ブログネタ
    ヘルス/ビューティ に参加中!

     

    :2016/08/06(土) 01:39:19.368 ID:
    ジムダイエットで98→62にした俺が日々観察してわかったことをいう

    まずジムにはおじさんおばさんは結構多い上に皆パワフルだということを認識してくれ

    デブはまず入会してきたらみんな筋トレを疎かにしてバイクやルームランナーへ向かう
    そして止せばいいのに無駄に負荷をかける
    経験からいうと、周りは皆速度早かったり負荷かけてるのに自分だけゆっくりだとかは恥ずかしい と考えるからだ
    【ジムにダイエットに来るデブは大半が失敗する】の続きを読む

    番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ e798-bOPi):2016/08/04(木) 20:18:58.39 ID:
    http://img.2ch.sc/ico/folder3_02.gif
    さんまのまんま9月終了は 芸能界引退への決意

    明石家さんまが司会をつとめるフジテレビ系のトーク番組「さんまのまんま」が9月いっぱいで終了することがわかった。
    報道によると、30年を区切りと考え調整された結果だという。今後は年2回のスペシャル番組の放送を予定している。
    さんまといえば、他にも「踊る!さんま御殿!! 」や「ホンマでっか!?TV」、関西圏で放送されている「痛快!明石家電視台」などの番組で活躍している。
    そんなさんまは60歳を目処に引退をしようと本気で考えていたという。ただ、考えを改めたのが爆笑問題の太田光から、「今やめたら格好良すぎるから。落ちていくところを我々後輩に見せる義務がある」との言葉とのこと。
    このように一度は芸能界引退を撤回したさんまだが、再び、自身が引退するという考えに改めているという。かつてテレビの栄光とともに、その中心で長い間、活躍してきたさんまだが、
    テレビ文化の終焉は身を持って感じており、その歯がゆさから、「ポケモンGO」を「絶対にしない」と発言。芸能関係者にとっては「敵」との見方を示した。
    テレビ文化の終焉ともに、自身の役割も終えたと考えたさんまは、「さんまのまんま」だけでなく、来年の3月までに徐々に番組を終わらせていくのが濃厚のようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/11849336/
    【明石家さんまさん、来年3月に芸能界引退】の続きを読む

    このページのトップヘ