2016年07月

     

    :2016/07/29(金) 21:40:24.42 ID:
    今年1月に解散騒動が勃発したジャニーズの人気グループ、SMAP。ファンクラブ向けの会報内で解散を否定するなど、一安心するファンもいる一方で、
    「紅白歌合戦に出場できない」、「冠番組が終了するのでは」「そもそもやっぱり解散か分裂はあるのでは」など、不安は払しょくできない情報も次々と飛び出している。
    ただ、それらのことが起こるかどうかは別にして、SMAPにとって確実なことは、
    キムタクこと木村拓哉の好感度が、今回の騒動でどうしようもないくらい急落してしまったことだ。

    スポーツ紙やテレビなど、いわば事務所の意向のもと動く“御用メディア”の報道では、「担当マネージャーにそそのかされた中居ら4人が独立を画策するも、
    キムタクだけは冷静でその流れに乗らず、4人の事務所残留のために奔走した」というストーリーとなっていた。
    しかし、“御用メディア”の努力もむなしく、こんなストーリーは誰も信じていないなかったというのが現実であった。

    特にキムタクが嫌われてしまったのが、「SMAP×SMAP」での5人での謝罪。
    センターに立ちリーダーの中居正広を差し置いて、最初に発言、また最後のまとめの言葉もキムタクが担当したことも、
    「自分だけ助かったみたいだ」とファンの感情を逆なでしまったようだ。

    この状況にほとほと困ってしまっているのは、所属事務所などの関係者である。
    事務所側の功労者がもっとも損をしてしまっている状況では、今後の各タレントへの求心力も落ちてしまう。
    また、騒動とは別に中居ら他の4人の仕事が順調でないだけで、キムタクの評価が落ちてしまうという負のスパイラルが続いている。
    善後策もまったく施されていないのが現状だ。

    そもそも、ドラマや映画などで、評価が落ちてしまい、高視聴率を記録する“キムタク神話”が崩壊した中でのこの騒動。
    悪い状況にさらに最悪の状況が上乗せされた形だ。もっとも損をしたのはキムタクかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1171740/
    2016.07.29 17:00 リアルライブ
    【【芸能】善後策も見つからない すっかり嫌われてしまったキムタク】の続きを読む

    ブログネタ
    ヘルス/ビューティ に参加中!

     

    :2010/01/14(木) 19:07:29 ID:
    ニキビ跡の赤みにポラリスとかどうなんですかね?
    てか凹凸スレに比べかなり過疎ってますが、みなさん治ってるですか?
    :2010/01/15(金) 18:20:47 ID:
    イオン導入っていいですか?
    :2010/01/15(金) 22:08:50 ID:
    赤み治らない
    【にきび痕の赤み・色素沈着をなんとか改善するスレ 3】の続きを読む

     

    :2016/07/30(土) 21:20:25.24 ID:
    日刊スポーツ 7月30日(土)20時24分配信

     極楽とんぼの山本圭壱(48)が、謹慎の原因となった10年前の事件を謝罪した。
    山本は06年7月に未成年の女性に飲酒させるなどし、当人間での和解で不起訴と
    なっていたが所属していた吉本興業を解雇されている。

     30日放送のフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」特番内で、山本の謹慎以来
    10年ぶりにメンバーと再会。岡村が「謝罪や反省は10年間誰にも見えなかったん
    じゃない? ちゃんと頭下げて、すみませんでしたと言わないといけない」と促した。
    他のメンバーにも諭された山本は「大変申し訳なく思っています。(相手の女性は)
    どこで何をしているかはわかりませんけど、10年という年月がたちましたけれども、
    本当に申し訳ございませんでした」と土下座し、謝罪した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160730-00000137-nksports-ent
    【【芸能】山本圭壱が土下座し被害女性に謝罪 めちゃイケ特番★2】の続きを読む

     

    :2016/07/29(金) 12:24:25.83 ID:
    石橋貴明がロケ中に体調崩す、「きたなトラン」途中抜けのハプニング
    ナリナリドットコム7月29日(金)11時25分
    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0729/nrn_160729_8222383386.html

    7月28日に放送されたバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、とんねるずの
    石橋貴明(54歳)がロケ中に体調を崩し、画面から姿を消すという異例の事態が起きた。

    この日、「キレイな人と行く きたな美味い店」(きたなトラン)のロケに出ていた石橋。コーナー冒頭ではゲストの
    女優・山本美月(25歳)と軽妙なトークを交わし、移動中のバス車中でも特に不調を感じさせなかったが、移動先に
    到着して一行がバスから降りると、そこに石橋の姿がなかった。

    木梨憲武、おぎやはぎ、山本の4人で歩きながら「タカさんは?」「どうした?あのでっかい人」と、この点について
    触れると、矢作兼が「タカさんは、きょう来たときから『ちょっと具合悪い』って言ってた」と説明。そして木梨が
    「それでいきなり日に当たったんで、もう本格的なジジイだね(笑)。水分足りなくなっちゃったんだ」と情報を
    補足した。

    ロケの日は気温32度と暑く、もともとの体調不良がさらに悪化。一行から離脱して休憩することになり、
    「きたなトラン」1軒目のお店には石橋を除く4人で撮影が進められた。

    その後、2軒目に移動中のバス車中のシーンにも石橋の姿はなかったが、一行がバスを降りて店に向かって歩く
    シーンには合流し、「帰ってきた。美月ちゃんの美しさに酔った。あまりの美しさに吐き気しちゃって。ちょっと倒れて
    た」とジョークも。

    また、店では下ネタを連発するなど普段通りの石橋が“復活”。店の人気メニューである牛串に舌鼓を打っていた。
    【【芸能】石橋貴明がロケ中に体調崩す、「きたなトラン」途中抜けのハプニング】の続きを読む

     

    :2016/07/29(金) 08:08:18.85 ID:
    お笑いコンビの8.6秒バズーカーが、8月19日に単独ライブ『8.7SecBAZOOKAA』を開催する。
    ORICON STYLEではこのほど、2人にインタビューを行い、リズムネタ「ラッスンゴレライ」で大ブレイクを果たした当時の心境や、
    仕事が激減した現在の様子、東京進出後初となる同ライブにかける思いなど、「ラッスン」後の今に迫った。

    ■ラッスン人気の裏で葛藤 たけしの激励で決意新た

    ともに大阪府出身とあって、幼少期から“笑い”に囲まれた生活を送ってきた2人。
    田中シングルは、1991年から6年間放送された伝説的コント番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ)を、幼稚園児ながら食い入るように観ていたという。
    「両親がダウンタウンさんのことがとても好きだったので、よく観ていましたね。シュールなネタは、わからなかったんですけど、笑い声が入っているから、そこで笑っていました。
    親に対して『オレ、笑いわかってますよ』っていうアピールですよね」。背伸びをしながらも、時代の流れをつかむために“最先端のコント”に触れてきた。

    中高生の時代には『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ)や『エンタの神様』(日本テレビ)などといった番組が人気を博し、いわゆる“ショートネタブーム”が到来。
    はまやねんは「この時期は『エンタ』とか『はねるのトびら』とか、お笑い番組がめっちゃあって、みんな観ていましたね」と当時の熱狂を振り返る。
    この流れに感化されたはまやねんは、中学時代からの同級生・田中を誘って、2013年に吉本の芸人養成所・NSC大阪校へ入学。
    若い世代にウケるネタをとの気持ちで作ったのが、彼らをスターダムへと押し上げた「ラッスンゴレライ」だった。

    YouTubeにネタ動画をアップしたことがきっかけで、NSC卒業後の2014年末から翌年にかけて大ブレイク。
    以降、テレビ出演するたびに「ラッスン」をやり続けた。「僕らも全く準備をしてなくて、『ラッスン』さえやってればOKみたいな感じだったので、それも悪かったですね。
    エピソードトークも『寝てないです』と『給料少ないです』のふたつだけでしたから」(田中)「忙しさに圧倒されて、
    何しゃべったか覚えてないから、オンエア観ても、どこがカットされたかわからない。
    自分たちに向いているのが何なのかもわからない状況で、大学生がテレビ出ていたって感じでした」(はまやねん)。
    新ネタを披露する機会にも恵まれないまま時が流れ、ネタの鮮度と体力がすり減っていった。

    そんな最中に起きたのが、ネット上でも話題を呼んだ「たけし『ラッスン』酷評事件」だ。
    事の発端は、2015年3月8日放送の『北野演芸館~たけしが本気で選んだ芸人大集結SP』(TBS系)。
    演芸場の支配人に扮したビートたけしの前で、ネタを披露する「魔のカーテンコーナー」に8.6秒の2人が出演した時のこと。
    いつも通りに「ラッスン」を披露しようとしたところ、たけしが30秒で幕を下ろすボタンを押して強制終了。
    「バカ大学の文化祭」と一刀両断したことから、ネット上でも勢いづいたように酷評する声が相次いだ。
    田中は「何かネットの人は『たけしが酷評』とか『叩いた』とか書いていましたけど、芸歴1年目の僕らに、本気で『こいつらおもんない』って言うわけがないですよね(笑)
    だから、あの報道があった時は、逆にこちらの方が申し訳ないくらいでした。あの言葉も、たけしさんの愛情だと思うので、
    本当にありがたいですよね」とたけし流の激励に感謝した上で、次のように語った。

    「たけしさんからは、舞台裏でも『これは、飛び道具だから、インパクトが強すぎる。
    漫才とかの基盤があって、リズムネタがあるのがいいな』とアドバイスしていただきました。
    その言葉を聞いて、リズムネタだけじゃなくて、漫才、コントなどいろんなジャンルに挑戦してみようと思いました」。
    言わずと知れた「BIG3」のひとり・たけしから“金言”をもらって、決意を新たにした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160728-00000364-oric-ent
    オリコン 7月29日(金)7時0分配信

    http://amd.c.yimg.jp/im_siggTY7P3PIFCUbraa2i5mg_tQ---x400-y287-q90/amd/20160728-00000364-oric-000-1-view.jpg
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20160729/2075914_201607290656612001469743215a.jpg
    http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20160729/2075914_201607290656443001469743215a.jpg
    【【芸能】8.6秒バズーカー、どん底見て奮起 オリラジの活躍に刺激「2発目当てたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ